これからレイクアルサ(ALSA)の審査を受ける方は、審査の難易度について気になると思います。

他のカードローンのサービスと比べて審査が難しいのかと考えたり、審査で落ちたらどうしようと心配なると思います。

しかし、レイクアルサ(ALSA)の審査は、他のカードローンと比較して決して難易度が高いことはありません。

簡単にお金が借りられるものではありませんが、きちんと審査をして融資できる方には融資をしているという印象です。

このページでは、レイクアルサ(ALSA)の審査に通るためのポイントについて紹介しています。

審査を受けるにあたって役立つと思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

レイクアルサ(ALSA)の審査は厳しい?ゆるい?

レイクアルサ(ALSA)の審査は、厳しいとかゆるいとかで表現できるものではありません。

きっちりと審査をしていますが、融資可能の申込み者に対しては、しっかりと限度額を認めています。

 

信用情報に傷がある人が通るほどゆるい審査基準ではない!?

信用情報機関に登録されている、個人の信用情報に問題がある場合は、審査に通らない可能性があります。

他のローンの返済で延滞ばかりしている人に対して、安易に融資を認めていないということです。

また、過去に債務整理をしたことの事実が信用情報機関に登録されている場合は、レイクアルサ(ALSA)で融資を受けることが非常に困難だと考えられます。

債務整理は、約束どおりに返済をしなかったことになりますので、カードローンの審査で厳しく評価されるのは、仕方のないことだと思います。

もし、自分の信用情報に問題があると思うときは、開示請求手続きをして、自分の情報を確認してから申込みをすることもできます。

 

審査が心配なら借入診断を受けてみる

レイクアルサ(ALSA)の審査について不安があるときは、公式サイトにある借入診断を試してみてはいかがでしょうか。

借入診断は、本審査よりも少ない審査項目をレイクアルサ(ALSA)に伝えて、契約ができるかどうかの見込みを判定してもらうサービスです。

名前や住所などの個人情報を伝える必要がないので、審査を受けるかどうかを決めていないタイミングでも診断してもらえます。

ただし、レイクアルサ(ALSA)の借入診断は、あくまでも参考程度にしかならないものです。

借入診断で融資が見込めると判定された場合でも、信用情報機関のデータに問題があれば、審査に落ちてしまうこともあります。

 

レイクアルサ(ALSA)の審査の流れを確認

レイクアルサ(ALSA)の審査を受けるときは、申込みから融資を受けるまでの審査の流れを理解しておくことが大切です。

全体の流れを理解しておけば、不安を少なくすることができますので、しっかりと確認しておきましょう。

 

申込み内容を基にスコアリング審査

レイクアルサ(ALSA)の申込みが完了すると、申し込み時に入力した審査項目などの情報を数値化する、スコアリングという手続きが行われます。

スコアリングは、すべての審査項目を数値で評価して、その合計得点によって融資の限度額を決める方法のことです。

スコアリングでの手続きは、ほとんどがコンピューターで処理されますので、審査担当者の個人的な判断があるわけではありません。

また、審査結果を良くする目的でウソの情報を伝える人もいますが、審査では、嘘は必ずバレてしまい、審査落ちの結果となるだけです。

レイクアルサ(ALSA)でお金を借りたいと思うなら、すべての審査項目について正確に伝えなければなりません。

 

本人確認や在籍確認

審査では、本人確認の手続きと在籍確認の手続きが行われます。

本人確認というのは、申し込み時に入力した情報と本人確認書類との内容が一致していることを確認する作業です。

また、審査の最終段階で携帯電話に電話をかけ、本人であることを確認する作業もしています。

電話による本人確認は、申込みの意思を確認するという意味も含まれています。

次に、在籍確認というのは、申し込み時に伝えたお勤め先の情報に間違いがないかどうかを確認するために行います。

勤務先の名称や電話番号などに間違いがあると、審査の手続きに支障をきたしてしまうからです。

 

信用情報を確認

レイクアルサ(ALSA)の審査に申込みをすると、信用情報機関からあなたの信用情報を取り寄せます。

信用情報機関には、あなたが過去に金融機関との取引きをした記録が残されています。

どの金融機関のどんなサービスに申込みをしたのか、ローンの返済が約束どおりに履行されているかどうかなどが確認されます。

信用情報に大きな問題がある場合は、在籍確認の手続きの前に審査が終了することもあります。

 

審査に落ちてしまう理由ってなにがある?

レイクアルサ(ALSA)の審査が通らないときは、必ず何らかの理由があります。

一般にカードローンの審査に落ちるのは、次の7つのいずれかに該当していることが多くなります。

 

専業主婦や無職の人など安定した収入がない

専業主婦や無職の方は、レイクアルサ(ALSA)に申込みをしても必ず審査に落ちてしまいます。

レイクアルサ(ALSA)は、総量規制の影響があるカードローンです。

総量規制というのは、レイクアルサ(ALSA)のような貸金業者が融資をする際、年収の3分の1超の借入残高となってはいけないというものです。

専業主婦や無職の方は、年収が0円ということになります。

0円の3分の1までの融資ということは、残念ながら1円も融資ができない仕組みになっているということです。

もし、専業主婦などで借入れする必要があるなら、総量規制の影響がない銀行のカードローンからサービスを選ぶようにしてください。

 

年収100万円未満など収入が少なすぎる

レイクアルサ(ALSA)の審査では、収入が極端に少ないすぎる場合に問題になることがあります。

例えば、年収100万円未満などと極端に少ない場合に審査に起こしてしまうことがあります。

ただし、年収が極端に少ない場合でも、実家に住んでいて家賃の支払いがない場合は、返済に充てるお金に余裕があるので融資可能と判断されることもあります。

つまり、同じ年収だったとしても、返済に充てるお金があるかないかで審査結果が異なることがあるということです。

一概に審査結果を予想することはできませんが、月々の返済ができるかどうかは、自分の感覚で分かると思います。

 

勤続期間が短すぎる

勤続年数が極端に短い場合は、レイクアルサ(ALSA)の審査に落ちることが多くなります。

勤続年数の短さが問題になるのは、審査担当者に収入が安定していないと判断されるからです。

レイクアルサ(ALSA)の貸付条件には、「安定した収入のある方」とはっきり明記されています。

収入の多い少ないは状況によりますが、収入が安定していないと判断されると、そもそも融資ができないという結果になることもあります。

勤続年数については、何年以上という明確な基準はありません。

ただし、インターネット上の口コミなどを参考にすると、1年以上の勤続年数があれば、審査に通るケースが多くなっているようです。

 

信用情報に金融事故の履歴があると審査に通らない

信用情報機関に登録されている情報に問題があると、審査に通らないことが多くなります。

とくに、現在、他社のローンの返済で延滞中の場合は、まず審査に通らないと思って良いでしょう。

お金がないから借り入れをするんだと考えるかもしれませんが、延滞をする前と後とでは、審査担当者の受ける印象が大きく異なります。

カードローンの審査では、信用があるかないかが非常に重要になります。

延滞分しないための借入れと、延滞をしてしまって困っているから借りるのとでは、信用がまるで異なるということです。

 

他社の借入件数が多い

他社の借入件数が多くあると、レイクアルサ(ALSA)の審査で問題になる場合があります。

自動車ローンや住宅ローンなどのカードローン以外なら問題になりませんが、消費者金融からの借入れがあると、審査が厳しくなります。

レイクアルサ(ALSA)は、総量規制の影響があるカードローンです。

他の消費者金融からの借入れがあると、そもそも融資できる枠が残っていない場合が多くなります。

複数の消費者金融からの借入れがある状況は、そもそも返済できなくなっていることも多いと思います。

一時しのぎで借入件数を増やすのではなく、収入を増やしたり借金を1つにまとめるなど、根本的な解決を考えなければならない可能性についても考えてみてください。

 

在籍確認が取れない

在籍確認がいつになってもできなければ、審査落ちの結果で終わることがあります。

在籍確認は、お勤め先の情報が正確であることを確認する手続きですが、勤務先にすぐに連絡が取れることも審査項目の1つになっています。

何度電話をかけても誰も電話に出ないような勤務先なら、勤務先の安定性に問題があると判断されることもあります。

在籍確認ができない可能性がある場合は、事前にオペレーターに電話をかけて相談しておくと良いでしょう。

 

ウソの申告して申込みした

レイクアルサ(ALSA)に対してウソの審査項目を伝えてしまうと、必ず審査に落ちます。

年収や勤続年数を水増しする人が多いですが、これについても、すぐにウソはバレてしまいます

レイクアルサ(ALSA)に伝えたウソの審査項目は、統計的手法によって異常値としてあぶり出されます。

年収の情報があやしいと思われれば、収入証明書類の提出が求められるだけですし、勤続年数については、他の金融機関との取引きでの情報をもとにある程度の推測ができます。

ウソの申告をしてお金を借りられたとしても、その後の返済に困るだけで良いことはありません。

返済能力以上の借金をして自己破産をすることになれば、ますます信用を失ってしまいます。

 

利用限度額ってどうやって決まるの?

レイクアルサ(ALSA)の審査は、分かりやすく言うなら融資の限度額を決める手続きになります。

希望どおりの限度額が認められることもあれば、逆に限度額0という結果になることもあります

審査でできるだけ自分の希望どおりの限度額を認めてもらうためには、書類の提出にポイントがあります。

収入証明書類を提出することで、希望どおりの限度額が認められる可能性が高くなるので、ぜひ確認してみてください。

 

希望の利用限度額で借りたいなら収入証明書を提出する

収入証明書類を提出することで、より高額な限度額が認められる可能性が高くなります。

収入証明証類がなくても融資が認められることもありますが、レイクアルサ(ALSA)の審査担当者の立場で考えると、自己申告で伝えた年収は、あくまでも参考程度にしかならない情報になります

正直に年収を伝える人もいれば、少し水増しして年収を申告する人もいるので、申告した年収額の半分程度しか信じられないと思うかもしれません。

ところが、年収を証明するための収入証明書類を提出する場合は、確実な情報として受け取ることができます

より正確な返済能力の調査が可能になるので、より高い限度額が認められる可能性があるということです。

 

「過払い請求」していると審査に落ちる?

新生銀行や新生フィナンシャル株式会社に対して過払い請求をした方は、残念ながら審査に通ることはありません

過去に過払いの請求をした方は、別のカードローンの申込みを検討することになります。

 

過払い請求の履歴は信用情報に記録されない?!

過払い請求をした事実が信用情報に記録されていた時期もありますが、今では、過払いに関する情報は記録されることはなく、過去に記録されていた情報もすべて消去されています

したがって、過払い請求をした金融機関だけは、請求を受けたことが分かりますが、他の金融機関がその事実を確認することはできない状況にあります。

 

レイクアルサ(ALSA)に請求したことあるとダメ

レイクアルサ(ALSA)は、新生フィナンシャル株式会社が提供しているカードローンです。

新生フィナンシャル株式会社に対して過払い請求をしたことがあれば、社内情報に記録として残されているはずです。

また、新生フィナンシャル株式会社の親会社に当たる新生銀行に過払い請求をした場合についても同様です。

過去に過払いの請求をした方は、請求をしたことがない金融機関のサービスを選ぶようにしましょう。

 

審査に落ちたけど、どうしてもお金が必要なら

レイクアルサ(ALSA)の審査に落ちてしまったら、しばらくはカードローンの申込みを控えるのがおすすめです。

信用情報機関にレイクアルサ(ALSA)に申し込んだ事実が半年間残りますので、やむを得ない場合を除いて、新たな申し込みをしない方が良いからです。

 

レイクアルサ(ALSA)以外のカードローン

レイクアルサ(ALSA)の審査に落ちた場合は、別会社のカードローンに申込むことは可能です。

ただし、審査に落ちた原因について考えておかないと、再び審査落ちになってしまうことがあります。

審査落ちの原因については、上でも説明していますので、まずは考えられる審査落ちの原因を特定するようにしましょう。

その上で、どうしても必要だという場合に限り、レイクアルサ(ALSA)以外のカードローンの申込みを検討してみてはいかがでしょうか。

 

大手消費者金融は審査通過率を公開している

大手の消費者金融の多くは、審査の通過率について公表しています。

平均すると40%台というケースが多いですが、別会社で申込むときは、審査の通過率が高いところを選ぶのがおすすめです。

希望する金額を少なくして、必要最小限の希望額を伝えなければならないことを忘れないでください。

返済できるわけがない金額を希望しても、再び審査に落ちてしまうだけです。