レイクアルサ(ALSA)からの借入れを希望している場合は、審査にかかる時間について理解しておくことが重要です。

とくに、即日融資が必要になっているときは、できるだけ審査が早いカードローンを選ぶ必要があります。

レイクアルサ(ALSA)は、審査が非常に早く行われているカードローンですが、とても人気があるので、審査が混雑していることも多くなります。

レイクアルサ(ALSA)の審査での注意点もあり、審査落ちにならないようにするための気をつけるポイントもいくつかあります。

レイクアルサ(ALSA)の申込みから借入れまでの流れについても確認して、万全な体制で審査に臨むようにしてください。

レイクアルサ(ALSA)の審査の基本についてまとめてありますので、ここで確認しておくようにしましょう。

 

レイクアルサ(ALSA)の審査時間はどれくらい?

レイクアルサ(ALSA)の審査にかかる時間は、WEB申込みを選べば最短60分と説明されています

申込みの手続きに10分くらいかかるとすれば、今から1時間半後には、借入れできるようになる計算です。

ただし、レイクアルサ(ALSA)の審査がいつでも最短60分で行われているわけではなく、審査に時間がかかるケースがあるのも事実です。

土日や祭日に申し込んだ場合の審査にかかる時間についても理解しておかなければなりません。

レイクアルサ(ALSA)の審査時間についての基本ついて紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

 

レイクアルサ(ALSA)の審査時間は他社に比べて早い?

レイクアルサ(ALSA)の審査にかかる時間は、同じ消費者金融では、比較的に早い方だといえます。

審査時間が最も早いカードローンだと、申込完了から最短30分で終了するというものもありますが、60分で審査が終了するレイクアルサ(ALSA)も最速に近い方だと考えられます。

銀行のカードローンの多くは、審査結果の連絡があるまでに1週間以上の期間を要してしまいます。

それと比較すると、レイクアルサ(ALSA)の審査が1時間程度で終わっているのは、非常にスピーディーな審査が行われるといっていいでしょう。

なお、レイクアルサ(ALSA)のカードローンは、とても人気があるので、審査が混雑していることもあります。

融資を急いでいるときは、できるだけ早めに申込みを済ませることも大切です。

 

仮審査の結果はすぐに出る!?

レイクアルサ(ALSA)の公式サイトには、お借入れ診断という名前で仮審査の申込みが受付られています。

仮審査は、本審査で伝える審査項目よりも少ない項目で、融資ができるかどうかの簡易的な判定をしてくれるサービスです。

レイクアルサ(ALSA)の場合は、生年月日と本人の年収、他社からの借入れ件数と残高の4項目を伝えれば、契約できるかどうかの判定をしてくれます。

仮審査にかかる時間は、1分程度ですみますし、名前や住所といった個人情報をレイクアルサ(ALSA)に伝える必要はありません。

レイクアルサ(ALSA)に申込みをするかどうかで参考にできますが、あくまで仮審査であるという点に気をつけてください。

仮審査で融資が見込めると出たとしても、実際の結果とは異なる場合があります。

 

土日でもスピードは変わらないの?

レイクアルサ(ALSA)の審査は、土日や祭日でも平日と同じように受付られています。

そして、土日でも平日と同様に最短60分で審査が終了しています。

土日の申込みで気をつける点は、平日よりも審査が混雑している場合が多いことです。

レイクアルサ(ALSA)の審査が土日でも早いのは確かですが、申込みが殺到していれば、審査の順番待ちをしなければなりません。

とくに、土日に即日融資を希望している場合は、できるだけ早めに申込みを済ませることが重要です。

夜間以降の申込みになってしまうと、審査が混雑している場合に翌日に結果の連絡ということもあります。

当日中にお金を受け取りたい場合は、申込みを済ませることと必要書類を早く用意することを心がけようにしましょう。

 

審査時間を短縮するならWEB申込みがベスト

レイクアルサ(ALSA)の審査を短時間で済ませたいなら、申込方法はWEB申込みとするのがおすすめです。

WEB申込み以外の方法を選んでしまうと、審査が開始するまでに時間がかかったり、融資までに数日もの期間を要してしまうことがあります。

インターネットからの申し込みなら、審査は申込完了と同時に始まります。

在籍確認の手続きができないなどの問題がなければ、今から約1時間後には審査結果の回答の連絡があります

審査が混雑していて、予定よりも結果の連絡が遅くなることはありますが、それでもWEB申込み以上に早い申込方法はありません。

パソコンやスマートフォンなどで申込みができますので、レイクアルサ(ALSA)の公式サイトから審査の申し込みをするようにしましょう。

 

審査結果が遅いときは状況確認をしよう

レイクアルサ(ALSA)からの審査結果の連絡が遅いときは、フリーダイヤルに電話をかけて状況を確認することができます。

レイクアルサ(ALSA)のオペレーターに電話で確認をすると、審査が混雑しているとか、在籍確認の電話が繋がらないなど、結果の連絡が遅くなっている理由を教えてくれることがあります。

なお、融資を非常に急いでいるというときは、前もってレイクアルサ(ALSA)のオペレーターに相談することもできます。

審査の状況にもよりますが、優先的に審査を勧めてくれるなどの対応をしてくれることがあります。

 

レイクアルサ(ALSA)の審査の流れ

レイクアルサ(ALSA)の審査を受ける方は、審査の申し込みから融資を受けるまでの流れを確認しておくことが大切です。

審査の流れを理解していなければ、迷いや不安が生じて落ち着かず、行動に無駄が生じることが多くなります。

とくに借入れを急いでいるときは、全体の流れを理解して、自分が何をするべきかを知っていることが重要です。

申込みの手続きや書類の用意など、自分でしなければならないこともあるので、ここで確認しておくようにしましょう。

 

審査に不安があるなら「お借入れ診断」を活用

レイクアルサ(ALSA)の審査に不安がある場合は、「お借入れ診断」を試してみてください。

お借入れ診断は、レイクアルサ(ALSA)に申込みをしたときに、契約できるかどうかを簡易的に診断してくれるサービスです。

本審査とは異なり、名前や住所などの個人情報を伝える必要はありません。

匿名で借入れの可能性について調べてもらえますので、申込みを決めていない状態でも安心して利用できます

ただし、レイクアルサ(ALSA)のお借入診断は、あくまでも簡易的にしているものに過ぎません。

お借入れ診断の結果が良かったとしても、本審査で審査落ちになることがないわけではありません。

お借入れ診断の結果は、あくまでも参考程度に捉えるようにして、申し込みするかどうかを決めてみてはいかがでしょうか。

 

申込みフォームに記入

審査に申込みをするには、まずはじめにレイクアルサ(ALSA)の公式サイトにアクセスして、申し込みフォームに記入していくことから始めます。

レイクアルサ(ALSA)に伝える項目のすべてが審査項目となっていますので、入力ミスがないように気をつけることが重要です。

もし、レイクアルサ(ALSA)に間違えた情報を伝えてしまうと、審査に時間がかかったり、審査落ちの原因になってしまいます。

審査項目のウソは必ずバレますので、すべての項目について正直に伝えるようにしてください。

 

仮審査の結果を確認

申し込みフォームの記入が終わり、申込完了ボタンをクリックすると、約15秒で仮審査の結果が確認できるようになっています。

入力した審査項目についてコンピューターで自動で計算が行われ、融資の見込みについて迅速に伝えてくれます。

ただし、仮審査の結果は、お借入れ診断と同様に簡易的な審査結果であることに注意が必要です。

仮審査で融資が見込めると判定されたとしても、本審査の結果が出るまでは、融資が受けられるかどうかは分かりません。

 

電話による在籍確認

レイクアルサ(ALSA)の一次審査に通過すると、在籍確認の手続きへと進みます。

在籍確認は、レイクアルサ(ALSA)に申し込んだときに伝えたお勤め先の情報に間違いがないことを確認する手続きです。

具体的には、レイクアルサ(ALSA)のオペレーターが勤務先に電話をかけて、あなたを指定して「電話に取り次いでもらうように伝える」ということが行われます。

レイクアルサ(ALSA)に伝えた情報に間違いがなければ、不在中であるとかの在籍していることを確認できる反応があります。

逆に、間違えた情報を伝えてしまうと、そのような人はいないという反応になります。

勤務先の情報を間違えて伝えてしまうと、審査に落ちる原因となりますので、名称や住所、電話番号などは、確実に正確であることを確認することが重要になります。

 

メールで必要書類の提出

レイクアルサ(ALSA)の審査に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類の2つの書類です

本人確認書類は、レイクアルサ(ALSA)に申し込んだ本人に間違いないことを確認するために使います。

具体的には、運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなどが本人確認書類になります。

収入証明書類については、すべての申込み者が提出するわけではありません。

希望額が50万円を超えていたり、他の消費者金融との借入残高の合計が100万円を超えるようなときは、提出するように言われることがあります。

収入証明書類は、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書の写しなどのことです。

 

・必要書類は基本的に本人確認書類だけ

収入証明書類について不安に感じるかもしれませんが、キャッシングの利用が初めてなら、本人確認書類だけで申し込めることがほとんどです。

本人確認書類の準備だけなら、すぐにできると思いますので、早めに書類を用意しておくようにしましょう。

 

・収入証明書の提出が求められる場合もある

収入証明書類の提出が求められるのは、高額な融資を希望している場合と他社の借入残高があるとき、個人事業主の方の申込みのときです。

レイクアルサ(ALSA)は、貸金業法に基づいて設立された貸金業者です。

貸金業法の規定により、希望額が50万円を超えているときは、必ず提出が求められることになっています。

 

信用情報を確認

レイクアルサ(ALSA)の審査では、信用情報機関に登録されている信用情報の確認が行われます。

信用情報機関というのは、私たちが金融機関との取引をした際の「信用に関わる個人情報」を登録している会社のことです。

日本には、国が指定した信用情報機関が3社あり、株式会社シーアイシーと株式会社日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターのことを指します。

信用情報機関に登録されている情報は、いつどんな契約をしたのかとか、ローンの返済状況、債務整理に関わることなどです。

つまり、レイクアルサ(ALSA)の審査担当者は、あなたが別の金融機関との取引きで延滞をしたり契約解除になったことがある場合は、そのことがバレてしまい、審査に落ちてしまうこともあります。

 

WEBか自動契約機で契約する

審査のすべての手続きが終了すると、レイクアルサ(ALSA)との契約手続きとカードの受取りをすれば、お金が借りられる状態になります。

レイクアルサ(ALSA)との契約などは、最寄りの自動契約機を使うのが便利です。

自動契約機で契約手続きを行えば、その場でカード発行が受けられ、カードを持ち帰ることができます。

カードの受取りに成功したら、提携ATMなどを使って借入れするお金を引き出せるようになります

 

カードレスにできるアプリ「e-アルサ」

レイクアルサ(ALSA)では、キャッシングをカードレスでするためのアプリが用意されています。

レイクアルサ(ALSA)のアプリは、「e-アルサ」という名前で提供されていて、借入れの手続きなどができるようになっています

具体的には、e-アルサで借入れの手続きを行うと、セブン銀行のATMでお金が受け取れるようになっています。

カード発行がないので、カードが家族に見つかる心配がなくなります。

 

仮審査がOでも本審査に落ちることはある?

レイクアルサ(ALSA)の仮審査の結果がよかったとしても、本審査で落ちてしまう可能性はゼロではありません

本審査で落ちる原因について確認し、本審査で落ちないように気をつける必要があります。

 

在籍確認がどうしても取れない

レイクアルサ(ALSA)の審査では、お勤め先の情報が正確であることを確認するために在籍確認の手続きを行っています。

在籍確認は、レイクアルサ(ALSA)のオペレーターが勤務先に電話をかけて、あなたを呼び出す方法で勤務先に間違いがないことを確認しています。

ここで、あなたの勤務先に何の電話をかけても繋がらなかったり、あなたが在籍していることが確認できなければ、審査落ちの原因になることがあります

在籍していることが確かだとしても、連絡が取りにくい勤務先は、審査でマイナスの影響をおよぼしてしまいます。

 

他社借入が多い

レイクアルサ(ALSA)は、総量規制の影響があるカードローンです。

貸金業者からの借入れの残高が年収の3分の1を超える融資が禁止されているので、申込みにあたって他社の借入残高が多いと融資ができない場合があります。

ここで年収の3分の1までは借りていないのに、審査に落ちてしまうということがあります。

カードの限度額の合計が少なかったとしても、契約上の融資可能な契約極度額が多いと、総量規制の問題が影響してしまうからです。

すでに何社ものカードローンの利用がある場合は、確実に返済できることを確認した上で銀行のカードローンを検討してみてください。

 

信用情報の傷がある

仮審査の結果がよかったとしても、信用情報機関に登録されている情報に問題があると審査に落ちてしまいます。

仮審査では、信用情報機関の信用情報は確認しませんので、あくまでも借入れできるかどうかの目安を示しているだけです。

信用情報機関に延滞などの情報が多く登録されていれば、返済能力や信用面で問題があると判断されることがあります。

もし、自分の信用情報に問題があるかもしれないと思っているなら、自分の信用情報を確認してから申込むことも可能です。

信用情報機関に対して開示請求の手続きをすれば、どのような情報が登録されているのかを自分で確認できます。

 

レイクアルサ(ALSA)の審査時間が延びる場合の理由は?

レイクアルサ(ALSA)の審査は、申込完了から最短60分のスピードで行われていますが、審査時間が延びてしまうというケースもあります。

どのようなときに審査に時間がかかっているのかが分かれば、申し込み前に対処できることもあります。

審査時間が長くなってしまう原因5つについて確認してみてください。

 

審査が混み合っている

レイクアルサ(ALSA)のカードローンは、とても人気があります。

平日の夕方以降や土日は、新規の申込みが多くあり、審査が混雑しているという場合があります。

いくらレイクアルサ(ALSA)の審査担当者が迅速に審査をしてくれるとはいえ、申込みが殺到していれば、審査の順番を待たなければなりません。

夕方以降の申込みの場合は、とくに早く申込みを済ませることが大切です。

借入れしても大丈夫かどうかを返済シミュレーションで確認して、申込みをすることを決めたら、できるだけ早く申込みを済ませるようにしましょう。

 

提出書類の住所や氏名が読み取れない

レイクアルサ(ALSA)に提出した書類の画像が鮮明でないと、審査時間が長くなったり、再提出を求められることがあります。

本人確認書類の名前や住所がぼやけていたり、現住所と異なっている場合は、あらためて写メで撮り直したり、運転免許証などの住所変更をしなければなりません。

融資を急いでいるという方もいると思いますが、急いでいるときこそ1つひとつの手続きを丁寧にしなければなりません。

不鮮明な画像を提出してしまうと、いい加減な人間であると判断されてしまうこともあります。

 

申込み内容に誤りや虚偽があった

レイクアルサ(ALSA)の申込みで、審査項目の情報について虚偽の内容を伝えてしまうと、審査に時間がかかってしまうか審査落ちになるかのどちらかです。

審査項目によっては、正直に伝えにくい項目もあると思いますが、すべての項目について正直に伝えることが大切です。

カードローンの審査では、申込者のウソは必ずバレてしまい、審査落ちになると考えてください

虚偽の申込みをしたと判断されてしまうと、新生銀行グループのカードローンは、永久に利用できなくなってしまいます。

 

在籍確認がまだ取れていない

レイクアルサ(ALSA)の審査では、在籍確認が行われますが、なかなか電話の連絡がつかないと、審査に時間がかかる原因となります。

勤務先が休業日である場合は、あらかじめレイクアルサ(ALSA)のオペレーターに伝えておくと親切です

また、お勤め先の電話番号を間違えてレイクアルサ(ALSA)に伝えてしまうと、高い確率で審査に落ちます

正確な情報を伝え直すことで済む場合もありますが、時間がかかるだけでなく審査落ちの原因になるので間違いのないように注意しましょう。

 

他社借入や属性に審査上の不安材料がある

レイクアルサ(ALSA)の審査で融資を認めるかどうかのボーダーラインにある場合は、審査結果が出るまでに時間がかかります。

明らかに融資が受けられるときと、直ちに審査落ちになる場合は早いですが、ぎりぎりの時は審査担当者が時間をかけて検討しています

借入れを急いでいる場合もありますが、審査に通る可能性があると考えてしばらく待つようにしましょう。

 

従来のレイクとレイクALSAとの違いはなに?

新生銀行のレイクとレイクアルサ(ALSA)の違いは、サービスを提供している会社に違いがあります。

レイクは、新生銀行という銀行が提供するサービスで、レイクアルサ(ALSA)は新生フィナンシャル株式会社という貸金業者がサービスを提供しています。

カードローンのサービスでは、提供している会社が貸金業者かどうかで違いがあります。

レイクアルサ(ALSA)のような貸金業者のカードローンは、総量規制の影響があり、銀行カードローンは総量規制対象外です。

つまり、新生銀行のレイクは、年収の3分の1を超える融資も不可能ではありませんが、レイクアルサ(ALSA)は、貸金業法の規制によって年収の3分の1超の融資が禁止されています。

どちらのサービスが優れているということはありませんが、高額融資に適しているのがレイクで、少ない金額の場合はレイクアルサ(ALSA)と考えることもできます。

 

レイクアルサ(ALSA)の増額審査を通すための対策は?

レイクアルサ(ALSA)を利用中に融資の限度額を増額できる場合があります。

必ずしも増額できた方が良いということはありませんが、限度額が多いほど、信用があると考えることもできます。

ここでは、レイクアルサ(ALSA)利用中の増額審査のポイントについて紹介しますので、申し込みにあたって参考にしてみてください。

 

最低6ケ月は利用実績が必要

レイクアルサ(ALSA)を利用中に限度額を増額してもらうためには、最低でも6ヶ月は利用実績があった方が良いと言われています。

6ヶ月未満で増額審査に通らないということではありませんが、限度額を増やしてもらえないということが多くなります。

また、6ヶ月以上の返済実績があったとしても、途中で延滞があると増額は認められません

約束どおりに返済ができなければ、増額どころか減額になってしまうこともあります。

まずは、最初に借入れをした残高を約束どおりに返済していくことを意識して、信用してもらえるようになることを目指してください。

 

融資後も申込み時の信用状態をキープする

レイクアルサ(ALSA)を利用中は、別会社のローンやクレジットカードの返済なども確実に行う必要があります

別会社との取引きで延滞などが生じてしまうと、増額どころかカードの利用停止になることもあります。

基本的にすべての金融機関との取引きの状況は、レイクアルサ(ALSA)の審査担当者が確認できるものと思ってください。

レイクアルサ(ALSA)以外の取引だからといって油断をしていると、増額審査に通らない原因を作ってしまうことがあるからです。